小学校の英語教科化で習う予定の英語一覧【動植物編】

小学校は2020年に新学習指導要領が全面実施されて教科書が改訂されますが、2018年から移行措置期間となり教科化される英語が一部先行実施される小学校があります。

小学校の英語が教科化されると小3~小6で扱う語彙数は600語~700語程度となるという事で文部科学省のホームページでは習う予定の語彙の一部が公開されていますので、ここでは小学校で英語が教科化されて習う予定の動植物の英語を一覧にしました。

中学校で習う英語の語彙数も増える事から、小学校で習った英語は中学校ではサラッと復習する程度になる事が予想されるので早い段階で英語教育をしていく必要が出てきそうです。

中学校で習う英語の語彙数は現行の1200語程度から1600~1800語程度まで増やすという事で、小学校と中学校で習う英語の語彙数は2200~2500語にもなります。

小学校の英語教科化で習う予定の英語【動植物】

日本語 英語
動物 animal
bear
cat
chicken
cow
dog
elephant
ゴリラ gorilla
horse
monkey
ネズミ mouse
フクロウ owl
パンダ panda
pig
ウサギ rabbit
タヌキ raccoon dog
ひつじ sheep
へび snake
トラ tiger
イノシシ wild boar
とんぼ dragonfly
バッタ grasshopper
moth
蜘蛛 spider
dragon
flower
nest
tree




小学生向けオンライン英会話
LEARNie(ラーニー)

小学校の英語を先取りするなら自宅でできて送迎不要のラーニーがおすすめです。ゲーム形式のアクティビティもあり、楽しく飽きずに英語が学べます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です