英語で父親を表すと?【カタカナでの読み方と発音もあり】

英語で父親という表現はいくつかありますので一覧にしました。

『誰が』使うのか、『どこで』使うのかによって父親の呼び方を変えないと変な目で見られたりします。

幼児の英語教材ではDaddyを使いますが、大人になって使うと不自然なので使い分ける事を意識する必要があります。

日本で習うFatherは上司や初対面の人など改まった場面や目上の人との会話などで使われます。

Father/ファーザー(改まった場面で使います)

Dad/ダッド(気さくな関係で使います)

Daddy/ダディー(幼児がよく使います)

Dada/ダッダ(赤ちゃんが使います)




小学生向けオンライン英会話
LEARNie(ラーニー)

小学校の英語を先取りするなら自宅でできて送迎不要のラーニーがおすすめです。ゲーム形式のアクティビティもあり、楽しく飽きずに英語が学べます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です