ナショナルペンは怪しいって?毎年展示会のノベルティで注文してます

うちの会社は毎年自社で扱う商品の展示会をするのですが、主催するのが毎年1月に1回、他社主催の展示会は年2回あります。

展示会の規模は主催している展示会の来場者が150人を少し越えるくらい、他社が主催する展示会の来場者が300人を少し超えるくらいなのであまり大きいとはいえませんが、その展示会で毎年配っているナショナルペンの名入れボールペンの評判が良いのでご紹介します。

高級そうに見えるのにキャンペーン中なら1本99円程度から購入できて、スラスラと書き心地もよく、名入れもしてくれるというナショナルペンはお客様に長期間使っていただけるため、展示会で配るノベルティとして非常に効果的です。

ネットでナショナルペンが怪しいという記事もありましたが、うちはここ数年は毎年かなりの本数注文しています。怪しいとかトラブルがあったとか一切ないので、何をもって怪しいと言っているのか意味が分かりません。

まあ他社が使わない分、自社のノベルティが差別化できて良いのですけどね(笑)

これまでの展示会で配ったナショナルペンの名入れボールペン一覧

毎年ナショナルペンの名入れボールペンを展示会のノベルティとしているうちの会社は、これまでナショナルペンで販売しているいろいろな種類の名入れボールペンを購入しています。

今年度の展示会までにノベルティとして配ってきたこれまでのナショナルペンの名入れボールペンを一覧にしておきます。

名入れサラペン細字 (0.7mm)

光沢がないラバー仕上げで、持ちやすくスラスラと滑らかな書き心地のため、気に入って長く使っていただいているお客様がかなり多いボールペンです。

20代のお客様から70代のお客様まで幅広い年齢層に気に入っていただけています。

マット・パラゴンペン細字

こちらはサラペンと違い光沢がありますが、マット仕上げで上品なうえ、9色もあるため若いお客様や女性のお客様の反応が良かったです。

持ち歩くならオシャレなボールペンが良いですからね。

名入れアルファタッチペン細字 (0.7mm)

こちらはボールペンとし使うのはもちろん、スマートフォンなどの液晶を操作できるタッチペン付きのボールペンです。

時代に合っているのでお客様に喜ばれるかと思いましたが、液晶を指で操作するお客様ばかりだったのでタッチペンは必要ないという声が多かったです。

名入れパラゴンペン 細字 (0.7mm)

こちらはツヤ出し塗装のボディに光沢のあるクロムメッキ加工でカッコよく、若い男性のお客様に喜ばれました。

注文後1週間程度で届く特急便対応をしてくれるのも良かったです。

パラゴンシャープ・ペンシル

毎年ボールペンだったので試しにシャープペンにした事があったのですが、これが正解で非常に喜ばれました。

たまたま同じ年に他社がプラスチック製の名入れシャープペンだったのに対して、うちが高級感のあるナショナルペンの名入れシャープペンだったというのもあったかもしれませんが、この高級感のあるシャープペンは他社と差別化できて非常に効果的なノベルティでした。

自分もこのシャーペンを愛用しています。

アバナ・ライト付きタッチペン

ライトが付いているのが面白くて試しに主催の展示会用ノベルティ分として注文したのですが、珍しかったため気に入っていただけるお客様が多かったです。

ただ、字を書く時に毎回キャップを外さなければならず、そこが面倒なので長く使ってもらえるのかは分かりません。

ナショナルペンの名入れボールペンは販促物としては非常に優秀

うちの会社は展示会が終わって数ヶ月経った後の営業で、翌年のノベルティを検討するために展示会で配ったノベルティはどうだったかをお客様に聞き取りします。

毎年新規の来場者もありますし、配るボールペンの種類を変えているのでざまざまな意見があるのですが、ほとんどのお客様に喜んでいただけております。もちろんお気に召さなかったお客様もいますので良い評判、悪い評判をお伝えしておきます。参考にしてください。

展示会で配るナショナルペンの名入れボールペンの良い評判

お客様にお聞きしたナショナルペンの名入れボールペンの良い評判は概ね下の6つです。

  • 100均のボールペンと違い、見た目が高級なので外出先で堂々と使える
  • スラスラと書きやすい
  • 安物に見えないから大事に使おうという気持ちになる
  • 色が豊富で何本も欲しくなる
  • 安物に見えず、芯を替えて長く使いたいと思える
  • おしゃれ

このようにほとんどのお客様に良い評価をいただき、おしゃれで実用的だと言ってくださっています。

100均のボールペンだと紛失してもあまり気にならないとは思いますが、ナショナルペンのボールペンは金額は変わらないのに高級そうに見えるため、お客様に大事に使っていただけているようです。

芯を替えて長期間ナショナルペンの名入れボールペンを使用していただけるという事は、自社の認知度を高める事を目的としたノベルティとして最大限の効果を発揮しているといえるのではないでしょうか。

展示会で配るナショナルペンの名入れボールペンの悪い評判

良い評判もあればもちろん悪い評判もあります。といってもこの悪い評価をされたのは73歳から81歳までの年配のお客様だけでしたので、来場者の年齢層が違うならあまり参考にならないかもしれません。

  • 重いので疲れる
  • 派手
  • 多色が良かった

100均のプラスチック製とは違うので多少重みはあるため年配のお客様には重いという事でした。

プラスチック製と比較するとどうしても重くなります。重い分だけ書く時の安定感はあるわけですが、重さが気になる人はお気に召さないようです。といってもこういった意見は毎年かなりの本数配るうちのごく少数ですけどね。

おわりに

ここまで毎年展示会で配っているノベルティ、ナショナルペンの名入れボールペンについて書いてきました。

毎年ご来場いただいているお客様に後日ノベルティについて聞き取り調査をしていて感じるのは、このナショナルペンの名入れボールペンはノベルティとしての役割をじゅうぶん果たせているという事です。

後日、展示会で初めてお会いしたお客様の元へ訪問し、その時に展示会で配ったボールペンをお使いいただいているのを見ると、ボールペンの素晴らしい仕事ぶりで非常に嬉しく思います。

いきなりナショナルペンから自社の名入れボールペンのサンプルが送られてきて怪しいと思ったかもしれませんが、このボールペン達は優秀なノベルティだと毎年かなりの本数を注文している自分が断言しておきます。

名入れして会社宛に送ってくるダイレクトメール戦略が怪しいと言われる原因だと思いますが、これは子どもの名前で家に塾の案内やレンタル衣装の案内が届くのと同じ戦略ですからあまり警戒する必要はないと思います。個人名と違い社名は世間一般に公表されているわけですし。

ボールペンの書き心地を試すのはスーパーの試食品を食べるのと同じようなものなので、試食品を食べておいしいと思えば買うように、ボールペンの書き心地が良いと思って予算があるなら一度注文してみると良いですよ。

少なくともうちの会社は一度もトラブルになった事もありませんし、無料サンプルの料金を請求された事もありません。というか支払いは商品が届いてからなので詐欺とかありえませんから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です